合宿免許を楽しむ方法

バナー

合宿免許を楽しむ方法

免許取得のために教習所に通学するのは、自分の空いている時間を利用して取得することができる時間を選ばない大きなメリットがあります。

サラリーマンでは働きながら夜は教習に行けたり、子育てに忙しい主婦でも家を長期間空けることがない特徴がありますが、免許取得に至るまでの期間はどうしても長く掛かってしまいます。
働いていたり家を空けることが難しいケースでは通学教習が向いていますが、特に、時間に余裕のある卒業生や長期の休暇を取れる人にとっては、合宿免許を利用することが望ましいと言えます。

合宿免許は、短期で免許取得ができるだけでなく、通学教習と比較すると大幅に費用を抑えることができるために、非常にメリットの多い免許取得方法です。
合宿免許はその名の通り、教習所の近くに合宿するかたちで行われます。



普通免許でも14日から16日での短期取得が可能となります。



しかし内容は非常に濃いものとなっており、教習内容は通学教習と比較しても何ら遜色なく、毎日継続している点を考えれば寧ろ合宿免許のほうが上とも言えます。通学教習であれば利便性を考慮して、近隣の教習所に通う必要があることで教習所の選択肢がほとんどありまんが、合宿免許では日本国中どこでも場所を選ばない特徴があるために、観光や旅行を兼ねた教習が可能になります。

合宿免許に参加するには国内旅行障害保険に加入する必要があります。



合宿中は車を運転するため、事故などによるケガの保障を行うもので、賠償責任なども含まれており、万が一を考慮した保険の加入が義務付けられます。期間内はスケジュールに沿った教習が行われます。

しかし、オフの時間は基本的に自由行動が許され、合宿免許では自転車を無料で貸し出ししてくれる場合も多いため、スケジュールの偏った日はレジャーを楽しむことができます。

通学教習とは違って、参加している人とのふれあいやコミュニケーションができることは大きく、個人で教習に来ていると言うよりも、みんなで免許を取りに来ている意識が生まれます。